筋トレ時は、適度にブドウ糖を摂取したほうが良い・・・という情報を見かけることがあります。

しかし、ブドウ糖は筋肉に良いという情報だけで、なぜ必要とされているのかが明確になっていないことが多いため、今回はブドウ糖と筋肉の関係について案内させていただきます。まず、ブドウ糖とは上手なカロリー摂取となるため、筋トレ時に摂取したほうが良いと言われています。

ブドウ糖は素早くカロリーとして消費されますので、そもそも他の飲み物、食材などより上手にカロリー消費効率を高められるのです。筋トレといった運動は痩せるため、もしくは筋肉を上手につけるために行っているので、カロリー消費効率も忘れてはいけないことを覚えておきましょう。

ですが、これだけではどうしてブドウ糖が筋肉と相性が良いのか明確ではありません。なので、ブドウ糖の摂取で得られる良い影響を他にも案内させていただきます。

前述では、ブドウ糖はカロリー消費効率を高めてくれるので必要と案内しましたが、実を言うと使用されることのなかったカロリーというのは、グリコーゲンという物質になり、筋肉に貯蔵される仕組みになっているのです。つまり、グリコーゲンを多くするためにブドウ糖を摂取しておいたほうが良いということです。

グリコーゲンが少な過ぎると、体内がカロリー不足に陥った際には筋肉を分解して、それをカロリーやエネルギーに変えて、人の体は動いているという意味なのですが、ここで重要となるのは筋肉が分解されるとどうなるのか・・・ということでしょう。

人によっては、上手にエネルギーがサイクルしている・・・という捉え方もあるでしょうが、実質としてエネルギー不足が目立つ場合は筋肉量が減っていく流れになるので、この状態で運動を継続しても筋肉がつかないのです。つまり、ブドウ糖は筋肉を分解されないように摂取しておいたほうが良いものなのです。

この説明が欠けていると、なぜブドウ糖と筋肉の相性が良いのかが不明になってしまうので、正確に覚えておくことを推奨します。

また、カロリー消費効率が高まるとダイエットに成功しやすくなるので、筋トレにより美容を得られるという魅力もあります。人間の体は運動されている人ほど保温性に優れ、且つカロリー消費効率が高まるとされています。

これを基礎代謝量が安定している・・・というのですが、基礎代謝量が安定するようになると免疫機能も高まることが多いのです。つまり、ブドウ糖を良く摂取している人のほうが、運動により脂肪燃焼効率が高まり、スマートな体を手に入れられるということです。

日常的に激しい運動を繰り返しているのに、筋トレとしての効果を得られない・・・という人は、もしかするとブドウ糖の摂取が安定していない可能性が考えられます。ブドウ糖は飲み物に溶かす形で使用しても問題ありませんので、ミネラルウォーターのように定期的に飲むようにしておくと、体に良い影響を多く得られるようになります。