筋トレ中の食事として、誰でも簡単に食すことができるもので、筋トレやダイエットに効果的なものを案内させていただきます。

筋トレ中の食事ですでに定番となっていますが、「ヨーグルト」はダイエット、筋トレに効果的な食べ物です。ヨーグルトというと健康志向の人が食しているというイメージがありますが、実際は運動においても必要とされている栄養素が多く、また、他の食材に比べて即効性が高いため、人気が高まっているという特徴があります。

なぜ、ヨーグルトが人体に対して良い影響を与えるのか?というと、それは胃腸の動きを活性化してくれるからです。人間の体内であり臓器というのは、年齢を負えば負うほど動きが緩慢としていきますので、なにかしらの活性剤が必要となります。

例えば、冷たい水を飲むようにすると、適度に胃腸が刺激されるようになるため、ヨーグルトを食べた時に近い胃腸の活性化が見られるようになります。ですが、現代ではこのような方法で胃腸を刺激するのは、良くないと指摘されるようになりました。

その理由ですが、胃腸を強く刺激してしまうケースが考えられるからです。このようなダイエット法は今でも知られているダイエット法でもあるのですが、胃腸を刺激し過ぎるとかえって胃腸の動きが怪しくなってしまいます。

人によっては下痢になってしまうのですが、下痢が長続きしてしまうと便秘に移行してしまうケースも珍しくありません。ヨーグルトの場合、冷やし過ぎの状態で食べてしまう心配もありませんし、冷たい状態で食べたとしてもヨーグルトの成分は胃腸で上手に吸収されるようになっています。

また、ヨーグルトの場合は胃腸が活性化すると、下痢、便秘といった症状が改善されることが多いのです。つまり、水による胃腸の刺激は一時的なダイエット、胃腸の状態を回復させる行為・・・なのですが、ヨーグルトのほうがリスクが少ない中で胃腸を活性化できるということです。

もし、冷たいヨーグルトを食べるのが嫌だという場合は、「ホットヨーグルト」にして食べてみると良いでしょう。こちらのほうが、お腹の中でビフィズス菌といった菌が胃腸で良い影響を与えるため、お通じ改善にも効果的であると言われています。

ホットヨーグルトの作り方ですが、ヨーグルトを電子レンジで1分ほど温めるだけで問題ありません。温めすぎるとホットヨーグルトとして食べられる反面、ヨーグルトの臭いが強まってしまうので、臭いを気にしてしまう人は40秒前後で取り出し、ホットヨーグルトを食すようにしてください。

菌が上手に胃腸に届くようになるという利点があるのですが、ホットヨーグルトを食べていると、筋トレが上手に進むようになるという利点も存在します。というのも、菌が上手に吸収されるようになると、栄養素も上手に吸収されるようになるからです。

胃腸は弱ってしまうと下痢になりやすく、せっかくの栄養を排泄時に排出してしまう可能性があります。しかし、ホットヨーグルトなどで胃腸を丈夫にしておくと、栄養が正しく吸収されるようになり、その影響で筋トレ中の食事により筋肉が付きやすくなるのです。