筋トレの基本は痩せることです。痩せることで、トレーニングに対して自信を持つことができますので、筋トレばかりを行うのではなく、痩せるということについても学んでおきましょう。

まず、トレーニングを厳しくすると筋トレ、ダイエットに良いというわけではありません。なので、筋トレを行うというより基礎体力作りにはげむようにしましょう。

基礎体力は、ウォーキングなどで体力を得られますので、ランニングマシンを使用して体力作りを行うと良いです。ただし、自宅できるトレーニングではあるのですが、過度な運動は行なわないように注意しましょう。

というのも、運動のし過ぎはストレスに変わってしまいやすいからです。最初はモチベーションも高いので続くのですが、段々と筋トレを続けていくのが嫌になる人もいます。

なので、ランニングマシンを購入した際も、ランニングではなくウォーキングを意識してランニングマシンを使用するようにしましょう。ランニングマシンは、ランニングを強要するものではありません。

なので、遅い速度で少しずつ運動強度を高めるような努力を行うと良いです。ランニングマシンのスピードについても固定を選択するようにします。

このような運動を行う際の注意点ですが、30分以上は運動を行なわないように注意してください。というのも、水分補給を小まめに行なわないと疲労などで倒れてしまう危険性があるからです。

また、どうしてこのような筋トレであり運動を行うと、筋トレだけでなく痩せる効果も得られるのかというと、有酸素運動を行っているためです。しっかりと酸素を得て、運動を継続していると脂肪燃焼が早まるので、それによりダイエット効果を得られるのです。

最初にウォーキングを行うのにも意味があります。ウォーキングは簡単な運動のように思ってしまいますが、あまり運動に慣れていない人、もしくは長い間で運動をしてこなかった人にとってはキツい運動なのです。

なので、ウォーキングでも結構な汗をかけますし、体力的にキツい運動を行っていないのであればストレスもたまりません。しかも、ウォーキングは運動後にストレス発散できるケースが多いので、長続きする筋トレでもあるのです。

筋トレというと、どうしてもスクワットのようなハードトレーニングを想像してしまうものです。ですが、途中でやめてしまっては意味がありません。

ウォーキングの良いところは、だれでも筋トレの効果を実感できるところにあります。つまり、継続的に運動できる環境があるのであれば、ウォーキングをやめてしまう心配もほとんど無いのです。

また、室内で運動するシューズを購入する必要もありません。外履き用の靴の裏側をキレイにしておき、こちらをシューズとして利用するだけで問題ないからです。

ウォーキングの良いところは、お金があまりかからない、暇な時間を利用して行えるの2点にあります。時間にして毎日20分間でも効果があるので、なるべく継続的にウォーキングで筋トレの効果を引き出すようにしていきましょう。