筋トレと食事の関係ですが、筋トレ中は食事にもこだわったほうが良いということも、今では大まかではありますが解明されています。

なので、今回は定番となっている筋トレ中にオススメの食事、について案内させていただきますので、良ければ以下を参考にして筋トレ効果の向上を目指してください。

まず、筋トレと相性が良い食材は鶏肉です。最近は豚肉がヘルシーであると言われることが増えていますが、豚肉では得られない栄養を鶏肉では得られるため、鶏肉の評価は昔に比べてずいぶんと高いものになりました。

鶏肉には多くの栄養素が含まれているのですが、その中でも必須アミノ酸と言われているたんぱく質が多いことで有名です。豚肉、牛肉はたんぱく質が鶏肉より少ない、もしくはビタミンB、Cのみ多いという性質を帯びているので、それほど運動と相性が良いわけではありません。

次に、鶏肉は毎日でも食べられるほど料理のレパートリーが豊富という利点もあります。例えば、唐揚げにして食べても良いですし、シーザーサラダに鶏肉を多く盛り込んで食べても良いです。

鶏肉には良質なたんぱく質が多く含まれていますので、筋肉疲労を改善してくれるという利点があります。しかも、鶏肉の脂は体内で溶けやすいタイプの脂です。

そのため、揚げ物にしたとしても体内でしっかりと消化されますので、それほど体内(主に胃腸)に対して悪影響を与えないという魅力があるのです。

しかも、鶏肉は体内でサラリと溶けるため、分解されやすく血肉になりやすいという利点まであります。運動中は疲れなどが溜まりやすくなるものですが、鶏肉を食べていると疲れが癒えやすく、且つ丈夫な筋肉を獲得することができるのです。

ただし、鶏肉の食べ過ぎには注意したほうが良いです。鶏肉は1人前を半分ほどにするのが最良と言われていますので、大体ですが100g前後が望ましいと言われています。

カロリー量は豚肉より少ない程度なので、それほど大量に食べても太らないという食べ物ではありません。また、疲れを重点的に癒やしたい・・・という場合は、鶏肉の部位では胸肉が良いとされています。

次に、筋トレと相性が良いとされる食材の中には、長芋で作れるとろろが筋肉に良いという評価も存在します。とろろのようなネバネバ系の食べ物には、血液をサラサラに変えてくれる効果があるので、良くとろろといったネバネバ系の食べ物を食べている人は、疲れ、ストレスに対して強いというデータが存在するのです。

また、とろろは長芋をすりおろすだけで作れますし、保存もかなっているので毎日食べるのも難しくありません。1人前は100円程度で作れますので、他の食材と比較してもお金がかからない食材として重宝できる代物です。

筋トレ中のストレスを改善したい際は、梅昆布茶も良いとされています。適度な酸味が心をほぐしてくれるだけでなく、食欲を旺盛なものへと変えてくれるので、健康的な生活を維持する際にも効果的な飲み物です。