ポッコリお腹に効果的な筋トレを案内しています。

また、筋トレといっても運動などを重点的に行うのではなく、とある部分を直す努力を行うことで、結果的に筋トレにつながるような矯正法について案内しています。例えば、生活上の姿勢を良くすると筋トレにつながるという考え方が、今では良く知られるようになりました。

ポッコリお腹は姿勢が悪い人ほど目立ちやすい、もしくはポッコリお腹になってしまう可能性が高いという考え方が存在するのです。なぜそうなってしまうのか?というと、それは姿勢が悪いと内臓に対して負担をかけてしまうからです。

負担をかけてしまうと姿勢がさらに悪くなってしまいます。これにより、姿勢が悪いままという生活習慣が生まれてしまい、最終的に脂肪燃焼効率が下がってしまうのです。

内臓に負担をかけていると、内臓にストレスを与えてしまっている状態と同じ・・・になってしまうため、内臓の脂肪燃焼効率が下がってしまいます。また、このような状態になってから自然と元の状態に戻るということも少ないです。

なので、猫背などの姿勢を矯正する矯正法を学んでおくと、筋トレにつながるというわけです。

矯正法についてですが、正しい姿勢で生活を行うだけで問題ありません。正しい姿勢とは、体を内側に少しねじった状態で歩くということです。室内で動き回っている際でも、屋外で動き回っている際も意識して体を少しだけねじることが大事です。

このような運動を繰り返していると、体の中心部分に少しだけ筋肉がつくようになります。あまり使うことのない筋肉のため、意識して使っているだけで問題ありません。

意識して使っていると、少しずつですが体をねじっている際にねじっている状態であることがわかるようになります。すると、イスなどに座っている際の姿勢が曲がっていると、矯正しようと体が少しだけねじれるようになり、これにより猫背などを身につけてしまう可能性が下がっていきます。

すでに猫背という場合も、姿勢を正して顎(あご)を肩に向けて引くような形で力を入れてみると良いです。猫背は顎だけでなく、体全体の姿勢によって生み出されることが、今では知られています。

つまり、体の向きであり姿勢を意識して生活されていると、内臓に負担のかからないような姿勢を獲得できるというわけです。姿勢が良くなってくると、睡眠時も気持ち良く眠れると言われていますし、このような生活をされている人のほうが、筋肉量、基礎代謝量が高いというデータも存在します。

基礎代謝というのは、1日間なにもしていなくても自然と燃焼されるカロリー量のことです。カロリーが自然と燃焼されるようであれば、体重が増えてしまうという心配もありませんし、なにより健康的な生活を送れるようになります。

また、脂肪燃焼効率が上がっていくと肌が若返っていくことも多いので、姿勢の矯正は内臓のストレスだけでなく、肌が受けているストレスさえも緩和するという魅力があるのです。