スクワットとは、主に運動のために行われている全身運動のことです。

一般的な全身運動との大きな違いは、その人に合った運動量で全身運動を行っても良いというところです。本来の運動は、なるべく多くの汗をかく、そしてカロリーを多く消費するというのが狙いです。

ですが、スクワットの場合はスクワットをすることでキレイになることが目的のため、痩せるだけが目的ではないスクワットも数多く存在するのです。また、運動量としても腹筋よりも高い成果を得られるということで注目されるようになりました。

腹筋の場合、部分痩せのように一部分をキレイにする、筋肉を付ける際に効果的なだけなので、それほどカロリー消費効率が高いわけではありません。そのため、腹筋ばかりを行っていると腕は細いが、胴回りは太くなる・・・という筋肉太りを起こしてしまうのです。

筋肉は付け過ぎると、筋肉が付いている部分のみ違和感のある筋肉の付き方をしやすいので、スクワットのような運動法も注目されるようになったという見方もあります。スクワットはどちらかというと、エクササイズのように全身の筋肉を使う状態を良しとしているので、座って、起き上がって・・・という動作を繰り返すものも多く存在するのです。

それと、スクワットは10分以内で終わる程度のものが良いとされています。というのも、マラソンと同じように過度に乳酸菌を溜めてしまう・・・という性質があるからです。

人によっては、痛みを感じてしまうようなスクワットも存在しますので、スクワットの筋トレ効果を信じて、過度なスクワットを行ってしまわないように注意しましょう。

それと、スクワットはボディメイクにおいても高い成果をあげていることが注目されています。全身運動を行うものには水泳なども存在するのですが、スクワット、水泳ともに全身がキレイになるということで有名です。

なぜ、全身がキレイになるのかというと、それはスクワットなどの運動は全身の毛穴から汗をかけるようになるからです。体は見えないレベルで浮腫(むく)んでいる箇所もありますし、それを取り除くためには体内に溜まっている毒物を排出しなければなりません。

毒物は体内に少しだけ存在しているものなのですが、汗をあまりかかないような生活を送っていると、段々と体内に毒物が蓄積されていくという癖があります。しかし、スクワットなどを行っていると全身に対して刺激を与えられるので、それに影響を受けて汗を良くかき、汗に混じる形で毒物が抜けていくようになるのです。

スクワットと他の運動の大きな違いですが、スクワットは全身を動かした後に3秒程度で姿勢をキープするという運動を必ず行います。前屈姿勢を保つようなスクワットが該当するのですが、前屈姿勢を保ってからは元の状態に戻すようにするという流れになっています。

回数にして、1セット10回程度が好ましいとされていますので、他の運動と比べるとセット数が多くなりやすいという特徴もあります。

1.筋トレダイエット パーソナルトレーニング 株式会社肉体改造研究所
このサイトを見れば、メタボリックを予防できそうです。

2.肥満からの脱出作戦(ダイエット苦戦記) — 肥満目線で考えるダイエット —
このサイトを見てダイエットに成功するかもしれません。

3.フィットネスの勧め
世界中のフィットネス情報に詳しくなれそうです。

4.ラウンジピュア
筋肉を徹底的に鍛えたい方に役立つ情報が載っていそうです。

5.24/7ワークアウトの口コミ【裏側の真実!】ライザップよりも「安くて効果が高い!」という評判を徹底検証!
ダイエットの失敗を取り返すことができそうです。

6.40歳からのメタボ解消ダイエット
今から初めてしっかりメタボ対策するために役立ちそうです。

7.マニアック・ボディビルディング
筋肉を極めた人の様々な肉体を見ることができそうです。

8.太ももダイエットで成功する人は知っている!無理せず美脚を目指す方法
部分痩せに対して詳しく載っていそうです。