毎日の筋トレを少しでも良いものに変えたいという場合は、イメージトレーニングも積んでおくようにしましょう。

イメージトレーニングというと古風なトレーニングと思ってしまう人もいますが、現代では近代的な筋トレに欠かせない運動法として有名です。というのも、イメージトレーニングをされていると、されていない人より運動効果が高まるからです。

イメージなんて体に大きく作用するわけがない・・・と思ってしまう人もおられるでしょう。ですが、イメージを行っている状態で運動を行ったほうが、メリハリのある運動になることが多いのです。

また、イメージトレーニングには実績も存在します。今では、オリンピック選手、もしくはプロスポーツ選手なども10分、20分程度でイメージトレーニングを行っている人が増えているからです。

野球、ラクビーでも、最近ではイメージトレーニングを高めることによって手に入る、ルーティンというものが有名になりました。ルーティンというのは集中力を高める動作全般を指して使われているのですが、ルーティンを行っているプロスポーツ選手は結果も残していることが多いため、今ではスポーツにおいても重視される行動となっているのです。

ただ、今まで運動を行ったことのない人がルーティン、もしくはイメージトレーニングなんて難しい・・・と思ってしまうでしょう。

なので、上手にイメージトレーニングを行うコツについて案内させていただきます。まず、イメージトレーニングの基本は自分を立体的にイメージすることです。

テレビCMなどで、たったの数ヶ月でこんなに細く、また丈夫な体を手に入れることに成功しました・・・というCMも存在しますが、イメージトレーニングの基本はこのようなCMとほぼ同じだと思ってください。つまり、段々と成長していく自分の体が、最終的にはどれほど自分の望むようなプロポーションになっているのかを想像するのです。

また、イメージトレーニングに過度な期待を持つのは良くありません。効果が高いといっても、素人が行えるものでは20%程度で筋トレの効果が向上するだけなので、2倍以上の効果が出るということを保証できるものではないからです。

それと、イメージトレーニングを行う上で、欠かしてはいけないことがあります。それは、イメージトレーニングによって自分がなりたい体つきを、すでに備えている人物を見知っておくということです。

精神の世界というのは、いまだに明確に解明されているわけではないのですが、その中にイメージの曖昧さというものがあります。そのため、イメージトレーニングを行っていたとしても、人によっては曖昧なイメージしか心に作れない人もいるのです。

そのようなことで悩んでいる際は、なるべく自分がなりたいものになっている人を想像しましょう。最初は自転車の補助輪のように、イメージを作り出しやすい状況を作っておき、イメージトレーニングそのものでこけない(失敗しない)ことも大事です。