プロテイン以外の飲み物でも、筋トレに効果的な飲み物は存在します。

最近になって有名になったものにコーヒーがありますが、コーヒーには脂肪燃焼効果があるので、プロテイン同様で運動において必要な栄養素とされています。その栄養素とはカフェインのことなのですが、カフェインは運動前に摂取しておくとカロリー消費効率を高めてくれる飲み物なのです。

コーヒーは、ブラックでもブラック以外でも問題ありません。大事なのは、プロテインと同じように飲み続けることです。

補足となりますが、コーヒーを飲む際はなるべく運動前に飲むようにしておきましょう。というのも、そのほうが脂肪燃焼効率が高まりやすいからです。

コーヒーを飲むと気持ち悪くなる・・・という場合は、水などを良く摂取しておくと良いです。水をしっかりと飲んでいると胸焼けするような感覚が減りますし、尿意が高まりやすくなるため、排泄の際にストレス発散できるということもあります。

このような対処は自宅で行えることなので、それほど対処そのものも難しくありません。

次に、ミネラルウォーターもプロテインと同じように、筋トレに効果的な飲み物とされています。ミネラルウォーターというと、健康を意識して飲む人が多いと思われていることが多いです。

ですが、実際はミネラルウォーターの中にカルシウム、鉄分などが含まれていますので、体調管理だけでなく脂肪燃焼にも効果的なのです。体内に必要な栄養素が正しく摂り込まれていると、段々と痩せやすい体質に変わっていくことも多いので、ミネラルウォーターは筋トレ、ダイエットの両方で評価されているという一面もあります。

また、ミネラルウォーターを飲む際ですが、注意点もあるので注意点を理解した上で飲むようにしましょう。

まず、ミネラルウォーターは一気にコップで何杯も飲むような飲み方をしてはいけません。というのも、ミネラルウォーターに含まれているミネラル分は胃腸に対して刺激を与える要素もあるからです。

人によっては、自宅で筋トレを行った後に外出・・・というケースもあるでしょう。そんな時に腹痛を感じるのは良くありませんし、トイレを探すのも大変です。

ミネラルウォーターは運動前に1杯、運動後に1杯というペースで飲むだけで良いので、無理をして何杯も飲む必要はありません。

次に、外国産のミネラルウォーターの中には運動、健康の両方に高い効果を与えるものがあります。なので、外国産のミネラルウォーターは不味い・・・と決めつけないで、自分好みのミネラルウォーターを探したほうが良いでしょう。

最後に、子どもはミネラルウォーターを飲み過ぎると、腹痛だけでなく下痢になってしまう恐れがあります。なので、子どもにミネラルウォーターを飲ませる場合は、1日1杯程度にしておき、ガブガブと飲ませないように配慮すると良いです。

大人とは違い、子どもはミネラルウォーターのミネラル分を上手く処理できないこともあるので、このようなことにも配慮したほうが無難です。