お風呂というと、体、精神を癒やす時間と思っている人が多いものですが、実際は筋トレに有効な時間でもあるので、そのことを正確に知っておいたほうが良いです。

お風呂についてですが、熱いと感じるお湯よりも、ぬるいと感じるお湯のほうが健康に良いです。これは筋肉、美容の両面に対して良質な影響を与えるので、ぬるま湯による温浴効果はぜひとも学んでおいて欲しいものです。

ちなみに、ぬるま湯といっても40度前後が好ましいので、ぬるいと感じすぎるお湯は良くありません。それと、ぬるま湯には10分~20分の間で入浴すると効果が高いとされています。

なので、2分程度でお風呂からあがってしまわないように注意しましょう。

また、どうしてぬるま湯が筋肉に対しても良いのかというと、それはぬるま湯のほうが温浴効果というものを多く得られるからです。一見すると、熱いお湯で長く入浴しているほうが、体が赤くなるので血の巡りが良くなり、筋肉に対しても刺激があって良いのでは・・・と思ってしまいます。

ですが、このような現象はお風呂が熱すぎるので起きているだけです。つまり、体内では痛みに耐えて悲鳴をあげている箇所も存在する・・・ことを知っておきましょう。

汗を大量にかけるので、熱いお湯のほうが体に良いと錯覚している人もいますが、大量に汗をかいていると体内の水分量が極端に減ってしまうので、目眩(めまい)などの原因になることもあります。しかも、血管が何度も収縮している状態となっているため、血の巡りがいきなり悪くなってしまう人もいるのです。

湯冷めると気持ちが悪くなる人もいますが、そのようなケースは熱いお湯に無理をして入っていないと、中々こみあげてこない気持ちでもあります。湯冷めは、酷い場合だと風邪といった症状を生み出す原因になることもあるので、なるべくぬるま湯でポカポカとした状態を作り出したほうが良いです。

ぬるま湯は熱いお湯とは違い、血管そのものも癒してくれるという力があります。また、この時に疲れている場所を優しくもんでおくと、体内に溜まっている疲労物質が汗となって出やすくなるのです。

健康に良いとされている温泉につかると、全身をマッサージされているような気分になりますが、このような効果は温浴効果により、全身が良い感じで温まっているので起きている現象です。マッサージ器では部分的に血行を良くするだけなのですが、ぬるま湯であれば簡単に全身マッサージをすることが可能というわけです。

それと、ぬるま湯に入る際に入浴剤を入れるのは良くありません。入浴剤の中には、肌を刺激しすぎるものがありますし、なによりも温浴効果を高め過ぎるものもあるのです。

なので、入浴剤を使用せずにぬるま湯に入るようにしましょう。もし、どうしても入浴剤を入れてお風呂に入りたい・・・という場合は、週に1、2回の割合で入浴剤を入れたお風呂にサッと入るくらいが、健康、筋肉を意識したお風呂の利用法となります。