上手な筋トレとは?ダイエットとなにが違うのかを知っておく

筋トレはダイエットではないので、それほど簡単な苦労で筋肉が得られるわけではありません。ですが、努力の仕方を知っていると上手に筋肉を付けられるので、そのことを正確に学んでおくと良いでしょう。

例えば、筋肉が適度に疲労するレベルで運動をすることが大事です。ダイエットであれば、外で散歩をするだけでもダイエット効果を得られますが、筋トレで重要となるのは痛みや、疲労を重ねていくところです。

ダイエットの場合、無駄な脂肪を燃やす、痩せやすい体質になることが重要とされていますが、筋トレは自分の体をいじめるような気持ちで望む必要があるのです。なので、少しくらいはキツい思いをしよう・・・という気持ちも大事でしょう。

ただ、単純にキツいだけでは続かなくなってしまいますので、多くの人が実践している筋トレを学ぶようにします。なので、定期的にインターネットなどを使って筋トレの方法を学ぶ・・・ということも大事なのですが、今回は筋トレテクニックを大まかにまとめて案内しているので、良ければこちらを参考にする形で筋トレの基本であり定番を学んでいってください。

それと、筋トレもダイエットトレーニングと同じで続けることが重要です。なので、短期間で筋トレを終えられるような案内は行っていませんので、気持ちを落ち着けて長期的な筋トレで筋力が下がりにくい生活も手に入れましょう。

長続きする筋トレ!自分を良く理解している人ほど長続きする?

筋トレを長続きさせるコツも案内しています。筋トレを長続きさせるコツですが、基本となるのは自分を良く理解しているかどうかでしょう。

なので、筋トレの基本、定番をしっかりと学ぶようにしておくと、後になって筋トレがキツくなるということも少なくなります。筋トレは、全身運動を良しとして体脂肪の燃焼、そして筋肉を付けていくのが理想です。

そのため、最初はダイエットトレーニングに似た軽い運動のみ行っていきますので、必ずしもキツい運動ばかりを行うわけではありません。キツい運動ばかりでなく、自分をいたわってあげる気持ちで少しずつトレーニングの成果を上げていきましょう。

それと、一緒に筋トレを行える人がいるのであれば、一緒に始めたほうが良いです。気持ち的に楽になりますし、また新しい筋トレを教え合えることも多いので、メリハリがしっかりとした筋トレになることが多くなりやすいです。

最後に、筋トレを続けていくために記録をとっておくのも良いです。紙などに記録するのも良いですし、パソコンなどで記録、管理するようにしておくと、後になって努力がどのように成果となって表れているのか・・・を、明確に知ることができるため意欲を高める効果も期待できます。

筋トレの知識も高めておく!筋トレは理屈がわかるとさらに楽しくなる

筋トレで役立つかも知れない、筋トレの雑学をまとめて案内しています。

筋トレの雑学その1ですが、良く笑っている人ほどストレスは溜まりにくいということが、最近の研究で解明されています。良く笑っている人は、想像以上に多種多様な筋肉を連動させて笑っているのです。

昔は、頬(ほほ)のたるみを改善するのに、笑うことは効果的である・・・と言われていました。ですが、良く笑っている人ほど使われていない筋肉を使っているため、体に対して適度に刺激が発生しやすい人物なのです。

また、笑うという行為は「笑わせてもらう必要がある」と思っている人が多いのですが、筋トレのために笑いたい際は「鏡の前で笑う練習をする」だけで問題ありません。このような練習を行っているだけでも、良く笑っている人と同じように使われていない筋肉を使えるようになります。

ただし、笑う際にはコツがあるのでコツも学んでおきましょう。まず、笑うと言っても大声を上げないといけないわけではなく、笑わずに顔を笑っている状態にするだけで問題ありません。

目は力強く閉じている状態、そして口は大きく笑っている状態にします。実際に行ってみるとわかりますが、笑っている状態(ポーズ)を維持するだけでも、かなりの筋肉を使わないといけないことがわかります。

そして、このような運動を繰り返していると、使われていない筋肉を使えるようになるのですが、これにより脳そのものがリラックスできるようになるというデータも存在します。つまり、筋肉だけでなく脳に良いのが笑うという行動、もしくはその状態を維持する練習なのです。

筋肉は逞(たくま)しいものほど良いとされていますが、顔の表情筋にも同じことが言えるので、筋肉が付いていて逞しいと感じる人になりたい人は、このような練習で様々な筋肉を身につけましょう。

筋トレの雑学その2ですが、顎(あご)の筋肉は咀嚼(そしゃく)の回数で大きく変わっていきます。咀嚼というのは、食べ物などを噛むという行動のことです。

近年では、食事の欧米化が進んでいるので、昔に比べると咀嚼の回数が減っているそうですが、それによって表情が無表情だと感じる人の数も増えているそうです。つまり、現代人は昔の人と比べて使用している筋肉量が減っているのです。

このような食生活を見直す際ですが、少し硬いと感じるものを適度に食すると段々と問題が解決しやすくなるそうです。なので、せんべいなどを適度に食すると良いでしょう。

せんべいが好きではないという場合は、ご飯などを10回以上噛んでから飲み込むだけで問題ありません。ご飯と一緒におかずも噛むようにすると効率的なので、このような方法でも顎の筋肉を付けられる、食事をしながら筋トレを行える・・・ということを知っておきましょう。

それと、良くものを噛まないと脳の動きが鈍りやすくなるため、老化現象が出やすくなるとされています。口臭なども悪臭になってしまいやすいので、食事の見直しを丁寧に行うだけでも、日常に対して良い変化を期待できるようになります。

計画的な筋トレで痩せられる!痩せるためのモチベーションを得る方法

痩せるためのモチベーションについてですが、モチベーションというのはただ単純に運動を続けているだけでは良くなりません。「意図的に痩せるためのモチベーションを作る」必要がありますので、今回は少しずつモチベーション回復できる方法を、まとめて案内させていただきます。

まず、モチベーション回復で重要となるのは、今までの行動とは別の行動をとることです。なので、最近まではまっていた趣味などを再開するのも良いです。

人によっては映画鑑賞などが趣味であったりしますが、このような趣味でも問題ありません。というのも、筋トレから適度に離れている状態であれば、モチベーション回復につながるからです。

人というのは、運動している時は運動している状態を保つために脳が動くため、その影響で厳しい運動にも耐えられることがあります。ですが、体力にも限度というものはありますので、運動を継続して行っていると、いきなりモチベーションが無くなってしまうこともあるのです。

モチベーションは精神的なものなので、感覚的にわかるというケースは稀です。不健康な生活を送っていると病気にかかることもありますが、このような状態の変化と似通っているところが、モチベーションの変動には存在するのです。

なので、今までと同じような生活習慣を送っていると、「義務として運動を行わないといけない」という気持ちになり、多少つらい状態であっても運動を行ってしまう人がいるのです。ですが、モチベーションが低下してしまうと、モチベーション回復させるのも面倒になり、且つ運動に対して多少のトラウマを抱えてしまうという人もいます。

このような問題を適度に解決する場合は、自分が辛いと感じている時は「かなり辛いと感じている」と念じるようにしましょう。すると、次回からの運動ではモチベーションが下がってくると適度に休むようになり、趣味などに時間を使うなどして、運動を義務としてこなすような感覚が抜けていきます。

他にも、モチベーション回復に効果的なものは存在します。その方法ですが、スポーツ観戦などを行うというものです。

スポーツ観戦などは実際に現地で見る必要はありませんので、自宅のテレビを通じて見るだけでも問題ありません。実際に行ってみるとわかりますが、モチベーション回復につながるだけでなく、どのような肉体を得たいのか・・・というイメージが高まるようになります。

個人として運動に取り組んでいると、無難な成果が上がればそれで良い・・・という気持ちになるのですが、スポーツ観戦を見ていると躍動する筋肉を見て、筋トレの重要性、もしくはスポーツ選手に対するあこがれが強まっていきます。また、このような斬新な気持ちが湧き上がるようになると、運動を途中で投げ出すことも少なくなりやすいです。

筋トレというのは、自分本位で行っているものなので、自分がやめたいと思えばいつだってやめられます。ですが、明確な目的があると明確な目的を達成するまでは、モチベーションが長続きしやすくなるため、いい加減な気持ちになって筋トレを行ってしまう頻度が少なくなるのです。

上手な休日の取り方!筋トレ中もリラックスした生活を送る方法は?

筋トレ中のモチベーション回復を上手に行う方法を案内していますが、モチベーションというのは無意識の内に減退していくという特性があります。

なので、テンションが高いのでモチベーションも高い・・・という考え方は良くありません。重要となるのは、いかにしてモチベーションを下げずに筋トレを続けていくかです。

リラックスした生活を送ることで、モチベーション回復につながることも多いので、以下のようなモチベーション回復につながる、リラックスした生活を送るコツも、筋トレを行う際には重要であることを知っておきましょう。

リラックスした生活を送るコツその1ですが、基本的にハードトレーニングを繰り返していると筋肉が傷んでいきますので、かえってリラックスできない生活を送る羽目になります。なので、運動による筋トレを行う際は、なるべく軽い運動で筋肉を付けたほうが賢明です。

筋トレというと、室内でできるものでは腹筋、背筋、腕立て伏せなどが存在しますが、可能であればストレッチも織り混ぜるような形で、筋トレを行っていったほうが良いでしょう。ストレッチとは、前屈のような姿勢で適度に筋肉に刺激を与えるという運動です。

ストレッチをすると筋肉が付くようになるわけではありませんが、ストレッチを行っていると、太ももや腕といった筋肉が傷みやすい部位を、少しずつですが癒せるようになるというデータが存在するのです。ストレッチを行うことにより、筋肉は柔軟性を得られるようになるのですが、それにより過度な運動でも耐えられる筋肉になりやすいのです。

ハードトレーニングは、筋肉を一定の方向に対して伸縮させている運動がほとんどなので、実は使われていない筋肉を強化しているわけではありません。ストレッチは全身運動に近い形で姿勢を変えるような運動を繰り返します。

すると、ハードトレーニングでは使われることのなかった筋肉も使えるようになりますので、将来的には脂肪燃焼効率が高まり、筋肉が丈夫になるためリラックスした生活も送れるようになるのです。

リラックスした生活を送るコツその2ですが、コーヒー、もしくはお茶を定期的に飲むと良いです。これらの飲み物にはカフェインが入っているので、飲み過ぎると興奮してしまう人もいますが、カフェインには即効性の高い脂肪燃焼効果があるため、脂肪を良く燃やせるようになるのです。

人というのは、筋トレ、ダイエットのどちらでも上手く痩せれている状態を好ましく思うところがあります。しかし、筋トレを行っている時は筋肉が付きやすくなっているため、想像している以上に体重が落ちません。

なので、そのような結果も訪れやすい・・・ということを学んでおき、カフェインを適度に摂取するような習慣も身につけておきましょう。また、カフェインの飲み過ぎで興奮を感じる際は、鎮静作用の高いホットミルクなどを飲むと良いです。

ミルクの中にはカルシウムが多く含まれているのですが、こちらも筋肉を癒やす効果がありますので、カルシウムを適度に摂取し運動することも、リラックスした生活を送る際には大事なのです。

筋肉にも休みが必要!?効果的に筋肉を休ませるにはどうすれば良い?

筋トレ中に効果的に筋肉を休ませる方法ですが、基本的に筋肉というのは急激に回復したりするものではありません。

なので、効果的に筋肉を休ませる方法とは、しっかりとしたスケジュールのもとでタイミング良く休むことにあります。今回は、効果的な筋トレ中の休みの取り方について案内しておりますので、良ければ以下のような方法も参考にして休みを取るようにしてください。

まず、効果的に筋肉を休ませるには、しっかりとした睡眠が必要となります。睡眠というのは、上手にとっている人ほどストレスが溜まりにくくなるとされていますが、「痩せやすい体質」へと体質変化させることも可能であることが、最近になって知られるようになりました。睡眠と筋トレはあまり関係ないように思うかも知れませんが、筋トレを行った後というのは想像している以上に、筋肉に熱が溜まっている状態です。

なので、上手に筋肉を休ませてあげると、さらに脂肪燃焼効率などが良くなるようになるのです。睡眠の上手な取り方ですが、最初に枕が自分にとって良い形、厚みになっているかチェックしましょう。

次に、部屋の中が汚れていないかをチェックします。睡眠というのは、毎日行うものなので部屋が清潔でないと病気にかかりやすくなりますし、睡眠時にリラックスすることも難しくなります。

また、睡眠時間が長すぎるのもあまり体に良くありません。なので、睡眠時間を微妙にずらすことで、睡眠が満足できるものにならないかチェックしてみると良いです。

睡眠時間は7時間30分前後が好ましいとされていますので、睡眠時間が短い場合は早めに眠るように配慮すると良いでしょう。睡眠時間というのは、早めの睡眠のほうが長くなりやすい傾向にありますので、早めに眠るようにするだけでも効果的に筋肉を休ませることができます。

効果的に筋肉を休ませる方法その2ですが、休日中はスケジュールを細かく定めないということも大事です。人というのは、時間に縛られていると感じている間はリラックスできません。

なので、効果的に筋肉を休ませたいのであれば、休日中はなにもしない時間を長くすることを良しとしましょう。また、なにもしないでいるとかえってイライラするという人は、1日間に30分だけ仮眠をとる生活習慣を設けると良いです。

体内にはNK(ナチュラルキラー)細胞というものが存在するのですが、毎日、適度に休憩をとっている人ほどNKが多く、NKが多い人ほど健康状態が良好となりやすいのです。NKは体内に存在している毒素、もしくは老廃物などを処理してくれる細胞でもあるので、体内の栄養バランス、毒素の除去を正常に保つ上では必要な細胞です。

また、老廃物が溜まっている人のほうがストレスが溜まりやすいというデータも存在しますので、最近になって疲れやすくなった・・・と感じている人は、もしかするとNK細胞の減少が元になって疲れを感じているのかも知れません。今回のまとめとなりますが、睡眠、仮眠は効果的に筋肉を休ませるコツと言えますので、適度な睡眠、仮眠の意識や習慣性は、筋肉を上手に付ける、休ませる際に重要なテクニックです。